1. HOME
  2. >先輩に聞こう!
  3. >山神 裕稔
写真:小橋 忠洋
氏名
山神 裕稔
入社
2013年
所属
倉敷東支店 物流課

現在の仕事について

私の所属している物流課は小売店様へ商品を出荷する仕事をしています。小売店様から頂いた注文通りに商品をカゴ台車で集め、機械検品をして配送担当者に渡します。商品の種類が多いので出荷に間違いがないよう、商品をきちんと把握した上での正確な仕事が求められます。物流という職は毎日同じ作業をしているようで、その実、日ごとに全く同じ注文は存在しないため毎日が新しい発見だらけです。私にとって物流とは「物との一期一会」です。

入社の決め手になったポイント

私がこの会社に入社しようと決めたポイントは企業理念である「私たちは食を通じて地域社会に貢献します」に強く共感したからです。私たちが生きていく上で必要不可欠である「食」とそれを支える「物流」、これらの担い手になることで微力ながらも食を通じて地元に貢献することができれば、生まれ育った地への恩返しになると考えました。食料品の卸売業で倉敷に本社を構えている会社で物流をやっていくに相応しい環境だと考えたのが大きな理由となります。

後輩へのメッセージ

就職活動真っ只中の皆様へのアドバイスを2つ。1つ目は、社会に出て仕事をしていく上で最も必要なことは人間性です。どういった人物なのか、評価するポイントはそこです。学力や能力も最低限必要ではありますが、やる気を持って仕事ができるかどうかで入社後の伸び方に大きく差が出ます。もう1つは、思考を止めないことです。どの職種にも共通して言えることですが、停滞は衰退です。常に次のことを考えながら仕事し、最善手を打つことを心掛けましょう。そうした日々の積み重ねが成長の一歩です。成長が確かな自信に変わった時、そこがあなたの仕事のターニングポイントになるでしょう。